トップページ > 生命保険で借りる > 生命保険でお金を借りる

生命保険でお金を借りる

生命保険でお金を借りるというといっても、生命保険金の受取を担保にして借りるという意味ではありません。生命保険には、契約者貸付の利用が可能な保険があります。掛け捨てでない保険であれば、中途解約した時には解約返戻金があります。契約を継続したまま、解約返戻金額相当分の一定割合を範囲として、契約者は保険会社からお金の借入が行えるというのが契約者貸付です。 会社や保険の種類、契約経過年数によっても借入可能範囲は違いますが、おおよそ70%から90%です。貯蓄性の高い終身保険や養老保険、学資保険、年金保険などは解約返戻金相当額も大きく、契約者貸付が利用しやすい保険です。 「貸し付け」ですから利息の負担は科せられます。利息の実質年率は契約時の予定利率に準じて違いますが、総じて貸金業者などを利用するよりは低金利です。また返済に「いつまでに返済しなければならない」ということがありませんので、すぐに返済できる目処がない場合なども利用しやすくなっています。 ずっと返済しなかったにしても、解約時に解約返戻金から差し引かれる、満期保険金から差し引かれる、保険金支払時に差し引かれるといった形で、返済を行うことになります。これをメリットとするかデメリットとするかは、その利用者個人のライフスタイルにもよります。しかしお金の借り方としては、大変有益な手段の一つと考えられています。通常お金を借りる場合には、信用情報機関などへの情報照会を伴う審査がありますが、契約者貸付にはそのような手順もありません。