トップページ > 銀行から借りる時 > 銀行からお金を借りる方法

銀行からお金を借りる方法

キャッシングというと、消費者金融で利用できるというイメージが強いですし、それ以外にはクレジットカードに機能が付属しているというイメージを持っている人も多いでしょう。どちらかというと、貸金業者が提供しているサービスというイメージが強いのですが、貸金業者だけではなくて銀行も同じようなサービスを提供しています。

銀行のキャッシングの特徴はどのようなものかというと、一言で言えば有利な条件で借りる事ができると表せます。どのような点で有利なのかというと、まず金利が低いことが挙げられます。消費者禁輸やクレジットカード会社のように、10%台の高い金利で借りる事しかできないわけではありません。審査の結果にもよりますが、5%を着るくらいの低金利で借りる事ができる場合もあるのです。

もう一つの有利な点は借入限度額です。消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングは、総量規制が適用されますから、年収の3分の1までしか借りる事はできません。銀行には総量規制が適用されませんから、年収の3分の1を超えても借りる事ができる場合もあります。
このような違いがありますから、キャッシング全体を見てみたときには銀行のほうが有利だと言えるでしょう。ただ、審査は厳しい傾向があります。銀行によっても異なりますが、パートやアルバイトでは借りる事ができなかったり、あるいは年収が200万円以上ないと借りることができなかったりと、審査の条件は厳しい傾向はあるのです。