トップページ >  キャッシングの豆知識 >  銀行から借りる時

銀行からお金を借りる方法

キャッシングというと、消費者金融で利用できるというイメージが強いですし、それ以外にはクレジットカードに機能が付属しているというイメージを持っている人も多いでしょう。どちらかというと、貸金業者が提供しているサービスというイメージが強いのですが、貸金業者だけではなくて銀行も同じようなサービスを提供しています。

銀行のキャッシングの特徴はどのようなものかというと、一言で言えば有利な条件で借りる事ができると表せます。どのような点で有利なのかというと、まず金利が低いことが挙げられます。消費者禁輸やクレジットカード会社のように、10%台の高い金利で借りる事しかできないわけではありません。審査の結果にもよりますが、5%を着るくらいの低金利で借りる事ができる場合もあるのです。

もう一つの有利な点は借入限度額です。消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングは、総量規制が適用されますから、年収の3分の1までしか借りる事はできません。銀行には総量規制が適用されませんから、年収の3分の1を超えても借りる事ができる場合もあります。
このような違いがありますから、キャッシング全体を見てみたときには銀行のほうが有利だと言えるでしょう。ただ、審査は厳しい傾向があります。銀行によっても異なりますが、パートやアルバイトでは借りる事ができなかったり、あるいは年収が200万円以上ないと借りることができなかったりと、審査の条件は厳しい傾向はあるのです。

銀行でキャッシングローンを利用することができる

基本的に、大手の金融機関である銀行グループは、個人に対する少額融資のサービスを実施していません。 住宅ローンなどの大型のローンを見てもわかるとおり、銀行そのものは個人に対する融資であっても大口の融資しか行っていないのです。 しかし、銀行の子会社は全く別です。 実は、ローンを提供している銀行グループの子会社の中には、キャッシングという少額融資のサービスを提供している会社が存在しています。 この会社の事を消費者金融と言い、この会社が国内で積極的に個人に対して融資を行なっている会社なのです。 消費者金融が提供しているキャッシングの中には、代表的なものにカードローンがあります。 街中に出るとカードローンに関する無人の契約機を多く存在しますが、ああした契約機は実は大手の金融機関と提携してサービスを提供しているのです。 その証拠に、消費者金融が提供している契約機の近くには必ず大手の金融機関のATMが存在します。 消費者金融のサービスは、大手の金融機関のものと異なって厳しい審査がほとんどありません。 少額融資という性質から厳しい審査をしなくてもある程度の信用性を担保出来ると考えているからです。 それだけではなく、キャッシングと呼ばれるサービスにはそれ専用の法律的な規制がいくつも存在しており、その影響で消費者金融が特別な審査をしなくても消費者と消費者金融の双方が安全に融資の契約を締結できるようになっているという大きなメリットがあります。 ですので、安全に銀行で少額融資を受けたいときは、その系列の消費者金融を選択すれば良いのです。 また、お金が困った時にはまず自分の持ち物を処分するという選択肢もあっていいと思います。例えば好きなアイドルのグッズがあれば、思い切ってジャニーズグッズ 売ることも考えた方がリスクは少ないと思います。