トップページ >  キャッシングの豆知識 >  消費者金融の金利

消費者金融の金利

現在消費者金融からお金を借りる場合、上限金利は20%になっています。しかし、2010年6月18日に改正出出資法が完全施行されるまでは出資法の上限金利は29.2%でした。29.2%のうち、9.2%を債務者が任意に払った"みなし弁済"と呼び、多くの消費者金融が29.2%という高い金利を取っていました。しかし債務者が自発的に多く利息を払うなどということは常識的に考えられないので、今では"みなし弁済"をグレーゾーン金利と呼び、過払い金の返還請求が起きています。

日本では約1000万人の人が消費者金融でお金を借りていると言われますが、この数は約8人に一人が消費者金融でお金をえ借りていることになり、非常に多いと言えます。これだけの数の人がお金を借りているわけですから、消費者金融は儲かっているはずですが、実際儲かっている業者がいる反面、改正出資法の影響で潰れている業者もいます。潰れた原因は、改正出資法により上限金利が20%に下がったことに加えて、債務者に対する厳しい取り立てが禁止されたことで貸し倒れが増えたことです。具体的には夜間に債務者の家に取り立てに行ったり、債務者の勤務先などへの電話、第三者への弁済請求などが禁止されました。

消費者金融で借りたお金の返済の時効は、最後にお金の出し入れをしてから5年ですが、これは返済の請が無かった場合の話です。もし5年目に返済請求が来たらとんでもない額のお金を請求されることになるのでちゃんと返しましょう。